アイララム【ウイスキーの聖地アイラ島】

アイララム【ウイスキーの聖地アイラ島】
ARDBEG蒸留所と羊達。

今回は、ウイスキーの聖地「アイラ島」に上陸。

アイスランド→ロンドン→そして、スコットランドのグラスゴーを経てアイラ島に。

今回はアイラ島産のラムを食べると共に、島内の蒸留所でウイスキーの見聞を深める作戦。

LAPHROAIGのエージングセラー

以前、テレビのアイラ島特集で、現地の方が羊肉を使ったシチューを作っているのを見た。

隠し味にアイラモルトをいれているのを見て、とても興味をそそられた。

しかし、アイララムに関する事前情報は一切見つからない。

果たしてアイラ島で羊を見ることができるのか。アイララムを味わうことができるのか。

そんな不安を抱えながら、私はアイラ島の小さな空港に降り立った。

とても小さなアイラエアポート

しかし、その不安は杞憂に終わった。

レンタカーをピックアップして、空港を出ると、目の前の道路をスコティッシュブラックフェイスが横断していた。

空港の目の前の道路を横断する羊達。
航空機との2ショット
道路脇にも羊がたくさんいる。
イギリスではお馴染みの羊注意の標識。
海辺の砂浜で日光浴をしている羊達。
ドローンで上空から撮影。
ブリティッシュな電話ボックスと羊達。
スコティッシュブラックフェイスは長毛種で良質な羊毛がとれる。
トレーラーにはアイラシープが乗っていた。

アイララムを食べる。

島にある肉屋。
羊肉の品揃えも豊富だ。

ブッチャーショップでラム肉を買ってもよかったのだが、残念ながら宿泊するホテルには調理施設はないのでレストランを探すことにした。

しかし人口よりも羊のほうが多いこの島には、レストランが極めて少ない。

すべてのレストランをリサーチして、アイララムを食べられるパブを見つけた。

さすが、アイラ島だけあってウイスキーの品揃えが半端ない。

迷わずアイララムチョップをオーダー。待つこと15分、念願のアイララムが到着した。

Islay Lamb Chops Grilled With Olive Oil &Rosemary

アイララムは、イギリス本土のラムと比べても旨味が強く、力強い味わい。

アイラモルトと同様に、ラム肉の味もいい意味で個性的だ。

さらなるアイララムを堪能するためにARDBEG蒸留所へ。

アイラ島はスコットランドに属する島。

スコットランドで有名な羊肉料理と言えば、ハギスですね。

以前、スコットランドの2大都市グラスゴーとエディンバラでハギスを食べてから、すっかりハギスの虜になってしまった私は、アイラモルトとハギスのペアリングを体感しにARDBEG蒸留所併設のレストランにやってきた。

とりあえずアードベッグ10年をオーダー
ハギスタワーとハギス春巻、ペッパーウイスキーソースのセットが。しかもリーズナブル。
届いた料理には、アードベッグ10年もついてきたので、合計2杯に・・・。
ハギスといえば胃袋に包まれたおぞましい姿のイメージだが、近年の盛り付けはとてもおしゃれ。
ハギスはウイスキーをたっぷりかけて食べるのが本場流です。

ウイスキーソース。ホールではいっている胡椒がいい仕事してます。

もちろん蒸留所も見学してきました。写真だけ載せておきます。

羊に癒され、ウイスキーの知識も深まるアイラ島。

島自体は、2日もあれば車でまわれる程度の大きさ。

羊とアイラモルト好きには、天国のような島だった。