本場のブライ/カルーラム/ドーパー【南アフリカ/ケープタウン/ヨハネスブルグ】

本場のブライ/カルーラム/ドーパー【南アフリカ/ケープタウン/ヨハネスブルグ】

前回は、カルーラムの牧場視察について書きました。

今回は、遂に念願のカルーラム実食編です。

カルーラムは、南アフリカでも希少です。

販売はカルーラムの認証機関の審査を受け、合格した店舗のみが取り扱いを許可されます。

前回、書いた通り、カルーラムの認証制度は、他のブランドラムよりも厳しく、流通量が少ないため、特約店に行けば、必ず買えるわけではありません。

現に私も、ケープタウンの特約店を全て周り、最後の1軒でやっと買うことができました。

カルーラムブランド公式サイトkaroo meat of originで特約店の場所はわかります。

本当はレストランで食べたかったが、カルーラムを常時販売しているレストランは見つけられなかった。

ホテルにキッチンがついていなかったため、ホテル近くのブッチャーレストランに調理代金を支払い調理して頂いた。部位は前足から腕。

もちろんこの店でもラムは売っているが、カルーラムではない。

ラムの生ソーセージも購入して、一緒に焼いてもらった。

南アフリカの人たちは、肉食で、日常的にブライ(南アフリカ式バーベキュー)をしているので肉の扱いがうまい。

1人では食べきれなかったので、レストランのスタッフたちと一緒に食べました。

味に深みがあり、香りが素晴らしい。フィトール系の香りではない、初めて味わう香りです。

カルーラムを食べた後は、地元民御用達のブライ店にきました。どこかで見たことある店内だと思ったら、ネトフリの腹ペコフィルが来ていた店でしたね。精肉店直営で、買った肉をその場で調理してもらえます。

賄賂を渡して、裏の焼き場を見せてもらいました。

賄賂を渡したので、上機嫌です。

熱源は薪を炭化させて使用しているようですね。

アフリカーンス語で何か話しかけられるが、よくわからない。よくよく聞いたら、「ソースはかけるか?」と聞かれていたみたいなので、首を横に振りながら「NO」と断った。

運ばれてきた肉は、見事にソースまみれでした。でもうまい。

続いてやってきたのが、ドバイなどにも出店している The Butcher Shop & Grill 。

ラム料理も豊富にそろっています。

Lamb Chops of the dayを注文。

日本だと、火入れが甘いラムが出てきてがっかりするときもありますが、肉食の国はやはり火入れが絶妙ですね。
レンタカーがあったので、いろいろ観光もしました。

希望岬。
ケープタウンを後にして、ヨハネスブルグにやってきました。1日しか滞在しないので、空港でレンタカーを借りて、市内観光をしました。昼食はもちろんラムです。

南アフリカは、どこで食べてもクオリティの高いラムが出てきますね。

念願だったカルーラムを食べられて、とても満足しました。次回は、アルゼンチンのパタゴニアで育つコルデロ・パタゴニコについて書こうと思います。