ベニソンの首輪切り

まぁ自分でも呆れるくらい、次から次へと新しい何かを見つけてきます。

本当に好き者というか、やり過ぎというか。

でも今回のはすごいよ。

それはニュージーランド産のベニソン(紅鹿)の首の骨ごとの輪切り。

フランス産のターキーのセセリ(首の肉)をたべたときも感じたんだけど、首とかスネとか運動をたっぷりしている部分は、焼き肉とかだと硬くてとても食えないけど煮込むと本当に おいしい。

きっとWAN共も大好きだと思う。 で、今回入荷したベニソンの首は結構太いです。しかもあのベニソン(鹿)ですから、首が長いのね。キリンさんの次くらいなのね。多分。

ということで、早速こんな首をこんな風にカットしてみました。


試作と言うことで、1インチ約2.5cmです。ちょっと厚すぎたようですが、まぁヴッシュリーなら平気だろうと言うことで、奴に喰わせました。

やっぱり平気でしたが、さすがに骨は無理のようです。

他の2WANには、1cmの物をやったのですが、骨まで綺麗にたべていました。

真ん中の白い部分が髄ですが、これがうまいんだ。

髄を食べた感じはまんま脳みそです。人間用には煮込んでたべるとおいしいですよ。

で、商品は1㎝にしました。近日発売予定です。


ただ、問題は、わずか200Kgしか入荷してない。

こりゃあっという間ですね。早い者勝ちかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です