ラムの丸骨でスープと煮込み?

12月7日の地震にはビックリしました。北海道から長野山梨まで震度4の地域が広がっていてしかも九州にも震度1が。これって昨年の大震災の時のように揺れが広範囲に広がった特別の地震みたいですね。今回はほとんど被害が無かったので良かったです。

ということで、今回ラムの丸骨が多めに入荷したので、以前からやろうと思っていた煮こみにしてみました。

煮込みって言うのかなぁ、要するに豚骨スープみたいにスープを取るついでに骨に付いた肉や筋を食べようという一石二鳥の料理です。

以前は国産の羊の骨でスープを取ったのですがさすがに生産量が少ないため、それほど使えません。だって買っていただけなくなっちゃうわけですか。
今回はラムの丸骨が多めに入ったからできたんです。

さて、今回は2Kgの骨を使いました。


 まず最初は水で洗って血とか綺麗にします。そしてまずはサッと茹でます。
沸騰したら10分くらい茹でゆで汁を捨ててまた綺麗に洗います。あくとか結構でるので綺麗に水道水で洗って下さい。


そしたらまた水を入れてこんど葱の青いところしょうが、にんにくなどと一緒にぐつぐつと茹でます。洗ったはずなのにあくが結構でるので綺麗にすくって下さいね。
ここでぶくぶく沸騰させながら煮ると白湯スープに、沸騰させずに煮ると黄金のスープになります。

さて2時間くらいにました。今回は肉を食べる目的があったので、塩を入れてもう15分。あとはできあがり。

結構肉が付いてます。軟骨や筋も。早速食べました。

うまい!!肉がすごくおいしい。ゼラチンたっぷり。
骨の中心には骨髄があります。これが美味しいんです。台湾でも食べてきたんですけど、ストローで吸うんですよ。早速マネして吸ってみました。うちの雄介美味しそうに呑んでます。

でも結構ハードだから2本は厳しいかも。今度台北に行ったら
岡山羊肉爐(ガンシァンヤンロールー)に行って見てください。すごく美味しいお肉が食べられます。

ご主人の黄さんもとっても親切。日本語はわかりませんがぜんぜん平気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です