北海道だからってみんなジンギスカンを食べるわけじゃ無い!! その2

みなさんお元気ですか?疲れてませんか?

羊肉食べないと疲れ取れませんよ。バンバンたべてくださいね。

ということで、どこかにマイルで女満別が当たって網走にやってきたのはこの回でご報告しました。

今回はその続きです。さて、網走のスーパーで生ラムがほぼ無かったのですが漬け込みじんぎすかんは一杯有ったからまあいいか。これで役目は終わり。

なんてことがあるわけがないじゃないですか。日本で最初にネットで肉を売った男、現存するサイトでは日本最古のネット通販先駆者で羊バカの暇な肉屋はちゃんと調べてジンギスカンを出してくれるお店に行ってきました。

それが網走ビール館です。網走の地ビールと美味しい焼肉がたべられるお店。ブログも今年はじめたけれど4ヶ月で3回しかと投稿していないなみかたも負ける投稿数。そんな素敵なお店でジンギスカンを食べてきました。

網走ビール館全景
網走ビール館前は雪も残ってました。

到着したのは日曜日の午後8時頃、できるだけピーク時を避けたつもりでしたが並んでましたねえ。二〇分ほどお待ち致しました。すごいです。しかも網走ビール館というネーミングから観光客向けのお店かと思ったのですが北見ナンバーとか地元の車でいっぱい。地元民にも愛されているお店だったんだなぁ。

で、早速注文です。まず注文したのはもちろんとりあえずビール。

で注文したのが桜桃の雫、流氷ドラフト、知床ドラフトの三種類。ピンクブルーグリーンのとってもきれいなビールでした。瓶で提供です。流氷ドラフトはオホーツクの流氷を仕込み水につかっているそうです。そして桜桃の雫はさくらんぼの栽培北限である網走のさくらんぼを使ってフルーティな甘さと爽やかな香りが楽しめるように作ったもの。

青色ビールが流氷ドラフト、ピンクが桜エールです。

そして知床ドラフトは新緑の知床をイメージしてクリアーなグリーンのビールに仕立てたもの。香りをテーマにしているそうです。

そして緑が知床ドラフト、世界遺産ですよ。

で、結構良いネダンするんですよね。1本580円でした。で、肝心な感想ですが、みんな発泡酒なんですよね。日本の酒税法でなかなかビールというのを小さいブルワリーで作ることが難しいらしいんです。そのためかどうか、泡が全然きめ細かくない。ちょっと爽快感に欠けるのかな。でもなかなか美味しかったことは美味しかったですよ。

さてー、ビールを飲んでいる間に到着しました。生ラムジンギスカン。
左が生ラムジンギスカン480円、右が肩ロース529円そして下の写真がつぼ漬けジンギスカン550円です。どう見ても全部同じ肉にしか見えないので重量が違うんですかね。大きさからみてニュージーランド産かと思います。

ついでに頼んだ豚ホルモン。これがなかなかの味でした。

一気に投入の生ラムジンギスカン。6きれなんです。

これがつぼ漬けジンギスカン。これだけ肉が違いました。ザブトンの所じゃ無いかと思いましたがかなり寄っていたので定かではありません。でもザブトンだと思います。

そして網走の夜は静かに更けていきました。おわり。

ちょっと肩透かしだった今回の北海道旅行、羊を求めてどこまでも。暇な肉屋はこれに懲りずまた旅の計画を立てるのでした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です