ソルトブッシュラムのシャンクのプレゼ(骨付きスネの蒸し焼き)

とまぁ、最近は試食の記事も少なくて寂しいなぁとお感じの全国120万暇な肉屋の試食日記のファンの皆様。いつも試食はやってはいるんですけど、昔のように感動しなくなった初老のオヤジがやっているので、なかなかアップできないでいると言うだけなんです。

今回も満を持して、期待のニューフェイス「ソルトブッシュラム」を試食してみました。勇気を振り絞ってアップします。

まずは、マニアックなアイテムであります、ボンインシャンク・・これは前足のスネです。早速塩胡椒をしてオリーブオイルですね肉の表面に焼き色をつけます。

続いて、にんにくと一緒にほうろうの鍋でふたをしてじっくり弱火で1時間ほど蒸し焼きにします。水はいっさい足しません。にんにくからとスネから出てくるんです。

でちゃうからパサパサになるかというとぜんぜんなりません。しかーし、やはり暇な肉屋、ミスを犯してしまいました。

あいにく田子産のにんにくは全量剥いた物を仕入れているために、一個ままのにんにくがありませんでした。しょうがない。そのまま入れてしまいました。

でもこれはうまいなぁ。ソルトブッシュ、意外ときめ細かいですね。肉の東洋の東澤君が、オセアニアのプレサレと称しているのがわかるような気がします。

でもまぁプレサレとも違った旨さかも。

10年以上前には日本にもプレサレが輸入されていて、私はフレッシュの物を半頭購入して全部自分で食べてしまった。いまでは輸入もできないんですけど。それにしもこのリンクの先のプレサレのページは前世紀の物なんですが、10年以上前でも結構いかしてますね。ただ、写真が4枚しかない。あれ、もも肉は何処に行った。あー喰ったあとか(´Д`)

さて、次は何を食べよう。

続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です