第1回「ペットフードの安全確保に関する研究会」の開催について

最近アメリカで中国産の原料を使ったペットフードによる、 ペットの中毒事故が相次ぎ、ペットフードの安全性に疑問が投げかけられている。

たしかに、危険な物が入っているわけではないのだ。多くのペットが元気にペットフードで育っているのだから。

アメリカの事件はたまたまだと思う。

しかし、表示の義務がないから、どんな内容なのか知る術がないというのも恐ろしいではないか。

そんなペットフードの安全確保に関する研究会が、農林水産省の主催で行われるという。

傍聴が自由と書いてある、これはどういう会議か是非みたい物だと思った。

そんな記事を見つけたのが今日16日、公開の日付は14日、申し込みはファックスに限る、そして締め切りはなんと16日到着厳守だという。

あっもう終わってる。

ということで、いったいどういう会議なんだろう。

たったの2日で、締め切ってしまう、誰にも来るなと言わんばかりの公表。

マスコミ関係はフリーで入場できるようなので、誰か取材に行って記事にしてくれるのを待つしかないようだ。

どんな内容なのかなぁ。はげしく気になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です