試食ファイル#104 塩干しアスパラ

先日、広島のお客様から、塩干しアスパラってしらない?ということで、ご連絡をいただきました。全くしらなかったのでしらないんですとお答えしたところ、置賜名産らしいよって事で、さっそく方々に声かけして頂いたところ、問屋さんご紹介頂きました!!

まずネットに紹介する冊子がありましたのでご紹介します。ただ、この冊子は塩干しアスパラの食べ方を紹介する物ではなく商品を紹介するだけの物ですので参考にはならないかもしれません。

おきたまの古くから伝わる伝統食材を紹介する冊子。新しい素材で塩干しアスパラも紹介されている。
おきたまの古くから伝わる伝統食材を紹介する冊子。新しい素材で塩干しアスパラも紹介されている。

おきたまの伝統食材

見た目はほんとに藁ゴミみたい。
見た目はほんとに藁ゴミみたい。

戻し方ですが、最初よくわからずに何回か水を替えて戻したのですが、実際はたっぷりの水と一緒に火にかけ、沸騰直前で火を止める。水を替えて再度火にかけ沸騰させる。そのまま一晩つけ置きをして調理する。と言う物です。食感がコキコキと煮物や炒め物にぴったりとのこと。

とりあえず水でだけ戻した塩干しアスパラガスで肉巻きを創ってみました。

フランス産シャロレー牛LAカルビ。21日ドライエージング
フランス産シャロレー牛LAカルビ。21日ドライエージング

もちろんお肉はフランス産のシャロレー牛、しかも21日間ドライエージングしたLAカルビ。もったいないのですが巻くのに邪魔だから骨をはずしました。LAカルビの意味ないですけどね。

フランス産シャロレー牛のLAカルビも骨を取ってしまえばただの薄切り牛肉。
フランス産シャロレー牛のLAカルビも骨を取ってしまえばただの薄切り牛肉。

で、ここから塩干しアスパラガスの登場です。

塩干しアスパラガスはこんな感じ。戻す前です。これで25gくらい。
塩干しアスパラガスはこんな感じ。戻す前です。これで25gくらい。
一晩水を替えながら戻した結果、ちゃんとアスパラガスになってますね。
一晩水を替えながら戻した結果、ちゃんとアスパラガスになってますね。
戻したアスパラガスを牛肉でくるみます。もちろん焼き肉用の牛肉なのでかなり厚い。巻きにくいったらありゃしないですね。
戻したアスパラガスを牛肉でくるみます。もちろん焼き肉用の牛肉なのでかなり厚い。巻きにくいったらありゃしないですね。
焼きすぎないことが肝心なので、さらっと焼いて後は火を止めて蒸らします。中までしっかり火を通すんじゃ無くてあかみが残る程度までです。
焼きすぎないことが肝心なので、さらっと焼いて後は火を止めて蒸らします。中までしっかり火を通すんじゃ無くてあかみが残る程度までです。

さて、塩干しアスパラガスですが、牛肉はスポット販売するけれどアスパラガスはどうしよう。まだまだ有るんでどうしようか検討中です。美味しいんだよな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です