うちの羊のセシウム汚染は?

ということで、ついついうちの羊のセシウムのことを書こうと思っていたらぜんぜん違う話になっていって、結局何が何だかわからない投稿をしてしまい反省しきりの暇な肉屋です。

やはり奇跡的に放射能のひどい汚染から護られたとはいえ、牛肉のセシウム汚染の例もあって心配ではあります。
当店のヒツジ君は現在畜舎内での飼育に限定し放牧はしていません。餌も原発事故のあったときは冬だったと言う事で、牧草も生えていませんでしたから与えることもできませんでした。いまでも屋外からの餌は与えず、JAから購入したアッペン、ふすま、ルーサン、チモシーなどを与えています。汚染されていない絶大な自信がありましたが公的機関の証明があればより一層安心感が高まると言う事で、検査を致しました。

どこにだすかわからなかったので以前栄養成分検査で御世話になったSUNATECに依頼しました。


先日結果が報告されましたが、放射線各種3種の検査ですべて非検出ということでした。
当店で販売している商品は、うちの羊以外で国産はすがいさんの馬肉だけです。これも北海道で肥育されている物で、放射性物質の心配はいりません。
安心してたべてねー・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です