試食ファイル#103 「米沢緬羊もも赤身ステーキのタリアータ」

先日北海道の茶路めん羊牧場を見学させていただきました。同時に釧路のフレンチと白糠のレストランで茶路めん羊牧場のステーキも試食させていただきました。

やっぱり羊はおいしいと言うことに気付き、それじゃ当店でもお勧めできる物が有るんじゃ無いかと考えたら、有りました。

さっそく試食をしてみたところ、これが最高美味しいじゃないか!

そして今回はタリアータに挑戦です。

ご存じのようにタリアータはイタリア語で切るという意味。焼いたステーキを切り分ければタリアータですね。そのためにはできるだけ厚く切りましょう。

羊の場合は体型が小さいので、150gでも結構な厚さになります。これをじっくり焼きます。

 

米沢で育てた米沢緬羊のもも赤身に塩をふって室温に置いておきます。塩はソースを作るときは1%ほど、そのままシンプルにたべるときは1.2~1.4%です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です